ひとりで就活してもムダな努力?!

フリーターから就職をし、正社員を目指すことは可能なのでしょうか?!
もちろん可能であると思います。‥しかし、新卒の応募者と比べてしまうと不利になることは確かです。

求人を探して、応募して、履歴書を書いて、面接して‥とアルバイト先を決めるときと同じようですが簡単に採用されるほど正社員は甘くはありません。
フリーターを否定するわけではありませんが、企業としては「なぜ就職しなかったのだろうか?」「就職できない何か問題のある人物なのか?」と考えられてしまうことも‥。

ひとりで就活をしてもうまくアピール出来ないでいるとムダな努力となってしまうかも?!

本気で就職したいならプロに任せる!

フリーターを辞めて就職しよう!!と本気で考えているなら、ひとりで就活するのは一旦お休みしましょう。
フリーターからの就職をバックアップしてくれる就活のプロに相談してみませんか?
その就活のプロとは就職支援サイトのことです!

就職支援サイトは無料で利用することができ、求人の紹介から履歴書の書き方、面接対策などを就活のプロが徹底的にサポートしてくれるのです。
ひとりでは不安な就活も就職支援サイトを利用し、アドバイスをもらうことでとても心強いものとなるでしょう!
フリーターからでも納得のいく就職を手に入れるために相談してみませんか?

フリーター向け就職支援サイトランキング

順位 運営会社 サービス詳細 公式サイト


ハタラクティブ ハタラクティブ

20代の転職に強い
利用者の3分の2は正社員未経験者。フリーターからの就職サポートに強みを持っているのが「ハタラクティブ」です!


type転職エージェント type転職エージェント

経験豊富なアドバイザーが売り
実務経験だけが全てじゃない。「type転職エージェント」ではあなたの隠れた強みまで引き出すキャリアカウンセリングが魅力!


マイナビエージェント マイナビエージェント

優良企業に求人数が豊富
「マイナビエージェント」は40年の実績を誇る企業であり、業界に精通したキャリアコンサルタントの質の高さに定評があります!


ワークポート ワークポート

IT業界への転職に
専門性の高い転職コンシェルジュがあなたの可能性を最大限に引き出す!転職決定人数No.1を誇るのが「ワークポート」です!


リクルートエージェント リクルートエージェント

業界トップクラスの求人数
約30万人を転職成功に導いた実績を誇る「リクルートエージェント」だからこそできるサポートがココにはあります!

フリーター 就職,

フリーター 就職,


フリーターの転職支援に実績があります!


「ハタラクティブ」はフリーターのための転職支援サービスと言っても過言ではありません。
フリーターからの就職に対する不安は数多くのフリーターの転職支援を行ってきたノウハウを持った専任コンサルタントに安心して任せることが出来ます!
78.7%の高い内定率を誇る転職サポートに間違いはありません。

未経験歓迎の求人案件が1000件以上!豊富な職種の中からあなたの希望に合った就職先を見つけることが出来ます。フリーターからの就職を「ハタラクティブ」で目指してみませんか?























フリーターが就職活動を行うには
大学などを卒業してそのままフリーターとして働く人は沢山いますが、フリーターとして働く背景に次にやることが決まっていて、現在はアルバイトを重ねているという人も多いですが、正社員として就職を希望するが現在はアルバイトとして働いているという人もいます。

新卒では就職出来ずにフリーターの道を選んでいる人が多くなり、非正規雇用として不安定な労働となってしまいなかなか転職できずにいるという状況の人も、現代の不況の中こうした人が増えているのも事実です。しかしフリーターから就職活動を行い正社員として雇用されて働くことが出来た人もたくさんいます。
まずは自分には何が向いているのか、自分に出来ることは何かといった自己分析を行い、自分が働いてみたいところを積極的に探します。常に求人情報を探し、自分が興味を持った募集にどんどん応募をしていく行動力が大切になります。また何回かは不採用の結果をもらうようなことがありますが、何度でもあきらめない心構えも重要です。アルバイトをしている時でも、仕事に対する使命感を持って出来るだけ長期間で働くことが、今後の転職においての自分の大きな職歴となり、応募先から評価を受けるようになります。今行っているアルバイトの仕事も大切であるわけです。

フリーターが就職活動を行うには
フリーターが就職活動を行うためには、資格を取得することが効果的です。既卒の場合には、新卒というアドバンテージを失っているために、資格を取得することが必要となるのです。
フリーターにおいては、アルバイト期間中に就職を行うことになります。そのためアルバイトの負担にかからないようにしなければなりません。日中の行うことが多いために、昼間に働いている場合には、アルバイトの支障にならないようにする必要があるのです。
フリーターの場合には、職歴に加算されないために、正社員になるためには出来る限り早く就活を行う必要があります。年齢を重ねるほど、不利になるために、早い段階で行う必要があるのです。しかし、年齢を重ねてしまっている場合には、年齢との差を埋めるために、資格を取得する必要があるのです。
実務経験との差を埋めるためには、その分野においての資格を取得することが一番なのです。経理に所属することを望むのなら会計士や簿記などの資格を取得することが必要です。フリーターであることを生かすためには、勉強に時間を多く使い、そして就職したい分野においての資格を習得する必要があるのです。特に賞歴が無いために、より重要になります。
フリーターが就職のために面接をする時には
現在の厳しい就職難の時代ではフリーターの人が仕事を見つけるとなると、非常に苦労することになります。
特に日本の場合、中途採用というのが非常に厳しい環境であり新卒以外は人にあらずという扱いを受けてしまう事すらあります。
しかし、現在の日本では非正規雇用のフリーターの数が激増していて、仕事を見つけるのは厳しいものの新卒ではないからとはいえ大幅に不利になるということも無い時代が訪れつつあります。
そこで、非正規雇用の人が正規の職を手に入れるためには面接でアピールをする事が重要ですが、この際にすべきことというのはそれまでしてきた事をどのような些細なものであっても、全面的にアピールしていく必要があります。
日本では正規雇用以外の仕事は職歴としては認められず、キャリアが0として扱われてきましたがこれからの時代そのような人が激増してきます。
そのため、そのような中で競争に勝ち残るためには今までキャリアとして認識されていなかった部分でも、堂々とアピールをする事によって他者との競争に打ち勝っていく事ができるのです。
どのような些細な事であっても、何もアピールをしないよりはよっぽどマシなので、できるだけどんどんとアピールをしていきましょう。